Blogブログ

Blogブログ

肌の大敵 ~乾燥~

2021.01.24

その他

こんにちは(^^)/

毎日厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

そしてこの時期気になるのは、やはり乾燥ではないでしょうか?

1年で著しく空気が乾燥するのは12月~2月ですが、最も乾燥しやすいのは1月なのです。

足や腕も気になりますが、顔も大変乾燥しやすい部位ですよね。カサカサ・ザラザラしているお肌を放置していると乾燥が悪化し皮膚トラブルを引き起こすこともあります(T_T)

本日は乾燥の原因や対策についてお話していこうと思います☆

 

 

なぜ乾燥が起こるの?

空気の乾燥や紫外線・加齢などにより、表皮の角質層の水分保持機能が弱くなり肌の「バリア機能」が低下している肌状態を乾燥肌と言います。バリア機能とは皮脂・天然保湿因子・角質の細胞の間をうめる細胞間脂質であるセラミド等が紫外線や乾燥・異物などの外部刺激から守り、体の水分が蒸発しないようにする機能のことを言います。そのままにしておくと皮膚のバリア機能が損なわれ様々なトラブルや肌荒れを引き起こしてしまいます。冬は寒さで血行や新陳代謝が悪くなり皮脂や汗が出にくくなったり、乾燥した風が肌の水分を奪うため肌トラブルが起きやすくなっています。

◆紫外線

紫外線も乾燥を引き起こす原因の1つです。紫外線の影響で肌細胞が老化し保湿機能が低下します。また肌の老化はターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れに繋がるのでUVケアは冬のみではなく、1年を通し行うことが望ましいです。

 

◆加齢

加齢により皮脂分泌量が低下したり、お肌の水分保持・弾力・潤いを保つヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなども低下し皮膚の水分が減少していきます。乾燥によりキメの間に溝ができてしまい細かいシワもできてしまうのでお肌に水分や栄養を補給してあげることや、十分な保湿が大切になってきます。

 

◆生活習慣

睡眠不足や偏りのある食生活など不規則な生活はお肌のターンオーバー(新陳代謝)を低下させます。乾燥に負けないお肌にするにはバランスの良い食事で様々な栄養を摂取することが大切です。ですが、十分に睡眠をとらないと全身の血行が悪くなるため、せっかく摂取した栄養がお肌へと行き渡らず乾燥も進んでしまいます。普段の食生活で十分なビタミンなどの栄養を摂取できない方はダイレクトに取り入れることができる美容点滴もおすすめです。

 

 

点滴投与

 

 

とは言っても忙しいとついついケアを怠ってしまったり、バランスの良い食事もなかなか続けづらいですよね…(T_T)…

中には生まれつき乾燥肌の方もいらっしゃるのではないでしょうか?また季節の変わり目や体調、環境の変化により一時的に敏感肌になってしまう方もいませんか?敏感肌になるといつもと変わらない生活やお肌のケアだけではカサつきやかゆみを伴ったりと皮膚トラブルを生じてしまうこともあります。

そんな冬のお肌を守るため、また健康的なお肌づくりにフォーシーズンズがお手伝いできることを次回、ご紹介いたします。お楽しみに♡

おすすめ記事

こちらのブログもおすすめ